記事(コンテンツ)作成時に悩むこと

困った男

記事を作成する際、こんなことで悩んだことありませんか?

・自社や自分のサイトのコンテンツを増やしていくのに、何を書いたらよいかわからない
・既に記事を書いていて、コンテンツを増やしているけど、もう書く記事がないなど

私自身もそうですが、非常に悩むことがあります。既に記事を増やしているけど、もう書くことがなくなってきたなあ~と。いわゆるネタ切れですね。

それを解決できるツールとしてご紹介したのが、今回寄稿させて頂いた「テキストマイニング」という呼ばれるものです。

テキストマイングツールとは

SEO対策の最初の一歩としてキーワード選定が非常に重要になってきます。その際よく使われるツールとしてGoogleが提供しているGoogle広告キーワードプランナー(Googleのアカウントが必要)やラッコキーワードなどが有名です。これらは、記事作成の際にも利用することができます。

しかしそれ以外にも利用できるツールがあります。それが「テキストマイニング」というツールです。これを利用することで、自分のサイトにないライバルサイトのキーワードをあぶり出すことができます。

それ以外に必要なものが3つあります。それは、①自分のサイト、②Google Chrome(ブラウザ)、③Excelなど表計算ソフトです。

キーワードをあぶり出す「テキストマイニングツール」を使いこなそう

それでは実際に「テキストマイニング」を行っていきましょう。

① まず、WebサイトのHTMLテキスト取得ツールを利用して、まず自分のサイトのテキスト部分を抽出します。「URL:」に自分のサイトのURLを、「方式を選択してください」で「タグごとに改行」を選択してください。

最後に「取得」ボタンをクリックします。

WebサイトのHTMLテキスト取得1

② 「取得ボタン」をクリックすると、タイトル、本文が表示されます。本文に表示されている文章全体をコピーし、エクセルに貼り付けたら、A列にコピーします。

WebサイトのHTMLテキスト取得2

③ 無料のテキストマイニングツール「User Local テキストマイニングツール」に②で抽出したB列をコピーし、「テキストマイニングする」をクリックします。

User Loacal テキストマイニングツールは、テキスト(文章)を入力することで、文章中に出現する単語の出現パターンが似たものを線で結んだ図(共起ネットワーク)やスコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで表した図(ワードクラウド)と呼ばれるものが表示されます。また、文章中に出現する単語の出現頻度も表示することができる便利なツールです。

テキストマイニングツール1

④ 「共起ネットワーク」と「ワーククラウド」が表示されますが、「ワーククラウド」側のデータをダウンロード。ダウンロードされたファイルを開きます。

テキストマイニングツール2

⑤ 開いたファイルより、グレーの部分を削除します。

テキストマイニングツール3

⑥ キーワードに色を付けておきます。

テキストマイニングツール4

⑦ GoogleChrome(GoogleChrome)で自分が上位表示を目指すキーワードを検索し、表示された上位サイトからキーワードに分解していきます。手順は自社サイトをキーワードに分解した内容と一緒で、最低でも上位3位まで分解します。

⑧ ライバルのデータを自分のデータの下に貼り付けます。

テキストマイニングツール5

⑨ 自分のサイトにないキーワードをあぶり出すため、A列を選択して、重複の削除をクリックします。

テキストマイニング8

⑩ 重複の削除を完了させます。

テキストマイニング9

⑪ これで「テキストマイニング」は完了です。このように自分のサイトにないキーワードを知ることができます。

テキストマイニング10

まとめ

「テキストマイニング」ツールを使いこなすことで、抽出されたリスト内のキーワードをページ内に追加すことができます。また、ここで得られたキーワードをもとにして記事を増やすことで、コンテンツの充実を図ることも可能です。もちろん自分のサイトがまだ記事がない場合には、作り始めの参考データとして使用できます。

これをきっかけに活用して頂ければと思います。

無料相談はこちら