前回の記事では、「【中小企業向け】 会社のお金を増やす方法 紹介を活用し、新規顧客を増やすには?」についてご紹介させて頂きました。

紹介(リファーラル)を活用すると、広告・電話営業、ダイレクトメール(DM)を使わず、コストをかけずに新規顧客を増やすことができます。

前回に引き続き、今回は、「債権回収を早め、資金繰りを改善する方法」についてご紹介致します。

債権回収のサイクルを見直し、資金繰りを改善!

債権回収は、顧客から入金までの支払いサイトの長い業種に特に効果的です。例えば、建設業などでは、家を建築し、顧客から4000万円の入金が90日後であっても、自分の抱える建築士、左官屋、大工、内装業者などにはいつも30日後、60日後に支払いを行わなければならないといった場合、顧客からのの入金までの間は自社の体力でお金を回していかなければならなりません。体力がなければ倒産してしまいます。

こうした場合に、あなたの会社からの支払いサイト、あなたの会社の債権回収のサイクルを見直すことで、資金繰りが改善し、楽になります。

あなたの会社では、顧客や外部スタッフの都合をそのまま受け入れていないでしょうか? よく考えてみてください。

また、会社全体で支払いと入金のサイクルを管理せずに債権回収のサイクルはそれぞれの営業担当者に任せきりだったり、支払いは外部業者、外部スタッフの言われるままに経理が支払ったりしていませんか?

このような状態にある場合、まずは会社全体の支払いサイトと債権回収のサイクルを把握することが必須です。

今後発生しそうな支払いや債権をまとめ、いつ支払いを行い、誰がいつ債権回収を行うか決め、期限を定めて状況を報告してもらうようにします。

入金が遅れている顧客がいれば、誰がいつどのように支払いの督促を行うかを決めて実施します。

もし、1回の督促をしても債権回収ができない場合には、2回目の督促を行います。それでも支払いが行われない場合は、社長や別の担当者が3回目の督促を行うか、債権回収業者や弁護士に依頼するかも検討します。

債権回収は非常に重要です。しかしこればかりにとられて本業に影響がでる可能性があるので、毎週何曜日に入金予定リストを確認し、遅延者がいないかチェックします。債権回収の漏れを防止するマニュアルも作成するのもよいでしょう。

そして、新規顧客には支払いの期限を90日後ではなく、60日後、30日後にすれば、資金繰りはかなり改善します。そのために、新規顧客向けの契約書・申込書を作成し、説明用のスクリプトもあわせて作成しましょう。

無料相談はこちら