前回の記事では、「【中小企業向け】 会社のお金を増やす方法 常連客プログラムをなぜ導入するのか?」というお話をさせて頂きました。

今回は、営業スクリプトを作成する理由についてお話をさせて頂きます。

成約率を上げるため営業スクリプトを作成する

売上を上げる方法は色々ありますが、そのうちの一つであり、最も効果的に成約率を上げる方法が営業スクリプト(営業のための台本・手順・マニュアル)の使用です。

営業に必要なスクリプトを作成して社内で共有するだけなので、あまりコストはかかりまん。

時間はかかるかと思いますが・・・

そして何より、社内の営業スキルの向上のために、すぐに取り組める行動です。

例えば、あなたの会社10、20人の営業マンがいたとしましょう。当然ですが、それぞれの売上の成果にはかなりの個人差がでるはずです。

100件訪問して30件、100件訪問して10件、100件訪問して1件しか契約のとれない営業マンもいます。もしかして100件訪問して1件も取れない営業マンもいるかもしれません。

営業マンの中にも営業に向いている人、営業に向いていない人もいるでしょう。

では、100件訪問して30件、100件訪問して10件の契約をとる営業マンは、一体どんな営業をしているのでしょうか?そのやり方を会社全体の営業スクリプトとして使えれば、もっと営業の成果が出ると思いませんか?

営業スクリプトを作成方法とは?

ひとつの例ではありますが、優秀な営業マンに同行して、その営業の手順、会話の特徴などをメモや録音して、列挙して、スクリプトにします。100件訪問して1件、全然契約とれない営業マンのやり方も同じようにスクリプトにして2つを比較します。

そうすることで、どこが違うのか、優秀な営業マンはどのような手順で初回の訪問から契約につなげているのかわかるはずです。そのポイントになる点をまとめて、手本になる営業スクリプトを作成します。

その次にその草案スクリプトを他の社員にも適応できるように、できそうなところから優先順位を決めていきましょう。そうやって社員教育用の資料を作成します。

社員教育用資料が完成したら、関係者で実際に社内研修を実施します。その際には、その優秀な営業マンのやり方をビデオに録画して、みんなでその良い点を見つけて話し合うのもよいと思います。

また、いくつかのケースをあげて各社員にデモを行ってもらいながら、グループで改善点を話し合うのも効果的でしょう。

こうした営業スクリプトの活用、社員教育の実施によって、100件訪問して1件、全然契約とれなかった営業マンが2件、5件、10件など契約がとれるようになれば、成約率は大きく飛躍します。

しかも、営業マン全員で取り組めば全体の営業スキルも上がりますし、会社にとっても非常に良いことです。

営業スクリプトがないのであれば、是非作成することをオススメいたします。

また、営業スクリプトは1回限りの作成で終わりというものではありません。時々見直して、より良いものにしていきましょう。

無料相談はこちら