前回の「集客できるFacebookプロフィール作り方3つのステップ」として、集客するために必要なプロフィール写真、カバー写真、自己紹介文の重要性を説明しました。

今回はFacebookで、ビジネスにつながる友達の増やし方について説明していきます。

Facebookにおいて、友達はただ単に増やせばいいというものではありません。ではどう増やしていけばよいのでしょうか?

ビジネスで活用する場合には量より質を重視する必要があります。

そもそも友達ってなに?

Facebookでは、5000人までユーザーと「友達」としてつながることができます。Facebookで相互につながっていれば、リアルでの友達も「友達」ですし、会ったこともないユーザーも「友達」ということになります。

Facebookでは、人の投稿を「シェア」や「いいね!」をすることで、自分の友達にその投稿が拡散されていき、口コミが起こっていきます。「シェア」や「いいね!」をしたユーザーの影響力が大きければ大きいほど、拡散されていきます。だからといって、影響力があるユーザーとばかりつながったり、無闇やたらと友達申請を送ってつながる行為は逆効果。

Facebookはつながりを感じやすいSNSでもあるので、見え透いた関係性では本当の意味での口コミ効果は期待できません。

友達の枠は5000人ありますが、最初から自分にとって必要だと思われる友達をひとりずつ地道に増やしていくのが得策です。

絶対的に「質」を優先し、そのうえで徐々に「量」を増やしていくという考え方がいいです。

Facebookをビジネスに活用しようと思うなら、さらに見込み客、既存客、リピーター、ファンというだけでなく、セミナーの参加者、交流会や勉強会の参加者などといったコミュニティの仲間たちも色々いることと思います。そうなると、それぞれに伝えるべき情報変わってきます。

友達申請をしてみる

知人を探してみる

Facebookをはじめた当初は当然ながら「友達」はゼロです。友達がゼロということは、何を投稿しても誰にも見られないし、反応がないということです。

なので、まずは知人を探して友達申請をしましょう。

あなたが思いつく知人の名前を検索してみましょう。なかにはローマ字やひらがなで登録している人もいるので、いろいろなバリエーションで検索してみてください。Facebookは実名登録が原則なので、見つかりやすいはずです。あとは検索結果でプロフィール写真を確認し、知人に間違いないかを確認して、友達申請を行いましょう。

実際に知人を探してみると、プロフィール写真にしっかりと本人であることが認識できる写真を使わなくてはならない理由がわかりと思います。

名前以外にも、出身地、居住地、高校、大学、勤務先、共通の友達なで絞り込んで探すことも可能です。名前を思い出せない場合などに便利な機能です。

知り合いかも

基本データ(学歴、職歴、居住地、住んだことがある場所、生年月日など)をしっかり入力しておくと、共通点の多いユーザーを「知り合いかも」と表示してくれます。基本データの公開設定を「自分のみ」にしておいたとしても、登録さえしてあれば「知り合いかも」を表示してくれます。

この「知り合いかも」は、基本データだけではなく、共通の友達、チェックインした場所とタイミング、「いいね!」をしたFacebookページ、参加しているグループからも見つけてきてくれます。

友達申請をする場合は、メッセージを送る

一応、Facebookには、友達申請を送る前にメッセージを送っておいたほうがいいとうマナーがあります。しかし、友達になっていない状態でメッセージを送っても、「フィルタ済み」に割り振られてしまい、気づいてもらえないことも多いです。

ですから、顔を見て誰だかわかってもらえる関係性なら、メッセージなしでいきなり友達申請おをしても問題ないでしょう。そのためにも、プロフィール写真は顔での識別ができる写真を設定するようにしておいてください。そうでない場合は、駄目もとくらいのつもりで友達申請を送り、メッセージを送信しておきましょう。

見込み客への友達申請はしない

Facebookをビジネスで利用する場合、見込客になりそうなユーザーにこちらから友達申請はしないスタンスでいてください。こちらから友達申請することは売り込みをしているのと同じです。

私自身も最初の1000人までは友達申請を送っていましたが、今振り返ってみると。その人と深いつながりがあるか考えるとそうではないことが分かりました。

ビジネスに関連するユーザーにはこちらから友達申請はせずに、友達申請をしてもらうようにしましょう。

例えば、イベントを開催をFacebookのイベントページを作り、招待しても、友達申請してもらって相手であれば、不快に思われません。ただ友達になった途端のイベントの招待や売り込みは絶対しないでください。はっきり言って嫌われます。

もし友達申請をされた場合どうすればよいか

Facebookでは全くあなたが知らない人からの友達申請がよくあります。申請を受理すべきか悩むことも多いです。

Facebookをビジネスに活用するのであれば、友達は多い方が有利に働きますが、ただ誰でもよいという訳ではありません。
友達は、自分のことや自分の行っているビジネスに興味がある人に限ります。

実際に会った人しか承認しないという人も多々見受けられますが、ビジネスに活用するのではあれば、機会を損失している可能性があるのでもったいないです。

なので、友達の申請に関して、承認するかどうか自分なりのポリシーをもちましょう。

例えば、私の場合は以下の通りです。

  • 名前が明らかに偽名の場合承認しない・・・基本実名登録です。ペンネームを使っている人も見られますが、この場合も会った方や友達でない限り承認しません。
  • 顔写真を使っていない・・・会った方や友達ならよいですが、花の写真や動物の写真など一体誰という人は友達申請はお断わりしています。
  • 居住地がわからない
  • 外国人・・・外国の方から申請は本当に多いです。しかも大体写真自体がちょっとエロい女性。即却下です。
  • タイムラインが胡散臭い・・・稼いでいる自慢、文句ばかり投稿している人、シェアばかりしている人、タイムラインを見て判断しています。
  • 投稿がほとんどない・・・タイムラインと同様ですが、ほとんど投稿がない人は活動しているのか分からないのでお断わりしています。

これはあくまで私の友達申請を受けるかのポリシーです。ぜひ自分なりの承認ポリシーを作ってください。

今回はFacebookにおけるビジネスにつながる友達の増やし方について解説してきました。ぜひFacebookを活用して自分自身のビジネスにつながることを願っております。

無料相談はこちら