ホームページを活用し、新規顧客を獲得したい、問い合わせを増やしたい。でも、そもそも何をすればよいのか、何から手をつけてよいのか分からないという悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

マネジメントの生みの親として有名なピーター・ドラッカー。そのドラッガーを日本一わかりやすくドラッガーを伝える男として著名な藤屋伸仁氏の著書「ドラッガーの黒字戦略」が非常に参考になるので、ご紹介したいと思います。


目次

  • 序章:利益を再考する~ドラッカーの利益のとらえ方~
  • 第1章:ダメな会社が犯しやすい5つのあやまち ~ドラッガーのマネージメント志向~
  • 第2章:顧客志向と強みにもとづく差別化 ~ドラッガーのマーケティング志向~
  • 第3章:すぐ黒字 ~ドラッガーと顧客とのコミュニケーション志向~
  • 第4章:より黒字 ~ドラッガーの選択と集中志向~
  • 第5章:さらに黒字 ~ドラッガーのニッチ志向~
  • 第6章:ず~っと黒字 ~ドラッガーの戦略志向~

すぐ黒字化するためのドラッカー活用法

著書の中には「売上げを増やすための方法」として以下のように記述されています。

1.自社の魅力を顧客に聞く

アンケートをとるのも一つの方法ですが、顧客に直接聞くのが一番です。

顧客に聞かずに自分たちが「これが当社の魅力だ」と思い込んだことに時間を掛けるのは時間の無駄になります。

顧客に聞く理由は、顧客ニーズとのズレを発見し、改善していくためです。またお客様の声はホームページに掲載できる重要な要素となります。

2.その魅力をもとにキャッチコピーをつくる

魅力を言語化します。たくさん書き出し、ブラッシュアップをしていきます。

3.顧客から聞いた魅力に優先順位を付け、「3つの魅力」として打ち出す

3つ多くても5つ。たくさんあっても覚えてもえらえないので、3つくらいが最適です。

4.コストがかからないホームページやブログ、YouTube、FacebookなどのSNSでPRする

魅力(コンセプト、売り、USP)を軸にし、完璧などを求めず、数多くの情報を発信していくことが大切です。より多くの情報ある方が、好意を持たれる割合が高まります。

5.発信をしながら、内容のレベルアップを図っていく

6.社員の教育、訓練に力を入れる

自社の価値軸に合わせて、常に質を上げていく。

まとめ

この本にはこれ以外にも業績向上のヒントが数多く述べられています。
そしてこの6つを参考にして頂き、皆様のホームページの改善のヒントとして活用して頂ければ幸いです。