前回の「あなたのホームページに1日どのくらいの人が訪問しているのか?」では、ホームページにどのくらいの人が訪問しているのかを知る方法として、無償で使えるアクセス解析ツールとしてGoogleが提供するGoogleアナリティクスを紹介しました。

ユーザー→「どんなユーザーが」、集客→「どこから来て」、行動→「どんなページを見たか」、コンバージョン→「どのくらい成果があったか」を知ることができるとお話しさせて頂きました。

今回は、Googleアナリティクスを使って、具体的にどんなことがわかるのかを紹介します。
それでは、まず「ユーザー」から見てみたいと思います。

ユーザー

どんなユーザーが訪問しているのか?

「ユーザー」とは、ホームページに訪問してくれるお客様のことを指します。

Googleアナリティクス(ユーザー)

「ユーザー」では、

  • 年齢(18-24歳,25-34歳,35-44歳,45-54歳,55-64歳,65歳以上)、性別(男性、女性)
  • 新規訪問かリピーターか
  • アクセスしている地域
  • アクセスしているデバイス(パソコン、スマホ)

といった情報を知ることができます。

1日どのくらいのユーザーが訪問しているのか?

1日どのくらいのユーザーが訪問しているか知るには、「ユーザー」→「概要」 を開きます。

Googleアナリティクス(ユーザー→概要)

「概要」では、

  • セッション数・・・訪問された回数
  • ユーザー数・・・ユーザーの数
  • ページビュー数・・・閲覧されたページ数
  • ページ/セッション・・・訪問時に平均何ページ見られたか
  • 平均セッション時間・・・訪問時に平均何分(何時間・何秒)滞在されたか
  • 直帰率・・・1ページ見ただけで帰ってしまった割合
  • 新規セッション率・・・新規で訪問された割合

などを知ることができます。

期間は、日単位、週単位、月単位、年単位で指定できます。

集客

どうやってホームページを知ったの?

どんなきっかけでホームページに訪問したかを知ることができます。

Googleアナリティクス(集客)

「集客」では、

  • 検索されたキーワード
  • 検索エンジンの種類(GoogleやYahoo!など)
  • ソーシャルの種類(Facebook、Instagram、Twitterなど)
  • 他のホームページを経由してきた場合、そのホームページのURL
  • インターネット上に広告を出した場合、広告の効果

など、どんなきっかけ(流入経路)で、ホームページに訪問されたかを知ることができます。

行動

どんなページが見られているのか?

ホームページの訪問者がどんなページを見たか、どんな行動をしたかを知ることができます。

Googleアナリティクス(行動)

「行動」では、

  • 人気があるページ
  • 入り口になったページ
  • 出口になったページ

などがわかります。

コンバージョン

どのくらいの成果があったのか?

「コンバージョン」では、「成果」がわかります。

成果というのは、

  • 問い合わせ数
  • 申し込み数
  • 閲覧してほしいページ数
  • 滞在してほしい時間

をホームページの「成果」として、管理することができます。但し事前に設定が必要です。

まとめ

今回は、Googleアナリティクスを使って、具体的にどんなことがわかるか紹介しました。

まずは、どんなユーザーが、どんなきっかけでホームページに訪問して、どんなページを見てくれたのかを調べることから始めてください。

無料相談はこちら