基本的に商圏が特定のエリアに限られた治療院・サロンがどうやって人気ナンバーワンになるにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、

「エリアと切り口を絞っていくこと」

にほかなりません。

治療院・サロンという時点で、すでにエリアは限定されているので、問題は「切り口」になってきます。

自分はどういった切り口でナンバーワンをとれるのか。最初にここを、正確ではなくてもよいので探っていくことからスタートしていきましょう。

誰でも1番になれるエリアと切り口の選び方とは?

商圏が特定のエリアに限られたと前述しましたが、まずあたが開業している、これから開業する方もそうですが、まず、エリアを「都会」か「田舎」かで分けて考えみましょう。

都会とは、例えば東京、埼玉、神奈川、大阪、名古屋、福岡などにある場合は切り口を思いっきり絞り込みましょう。切り口とは、何でもできますより、例えば、「膝」に絞ったり、「腰」に絞ったり、「自律神経」に絞ったり、などです。

一方、どちらかというと田舎(目安として人口10万人以下の市区町村)である場合は、あまり絞らなくてもよいケースもありますが、非常にまれです。

治療院・サロンの数がどんどん増えている現状では、例えば、カルテを整理し、リピート率を見て、「特定の症状に絞る」「特定の患者層にターゲットに絞る」という方法がおすすめというか必須といっても間違いないかもしれません。

まずは、あなたの治療院・サロンが都会なのか、田舎なのかイメージしてみてください。

そして、もう1つ押さえておきたいポイントは、「あなたがどのくらいの予算を治療院・サロンの集客にかけられるか」です。

資金的に余裕がない場合は、多くの場合、特定の症状に絞った方がよいです。

資金的に余裕がある場合は、思い切ってそのエリアでナンバーワンを目指す、すなわち分院展開するなどが考えられますが、このパターンで成功する確率は、大変ハードルが高いです。

大事なことは、何か特定の分野においてシェアがナンバーワンである、1位をとれそうなことろに注目するということです。

ここが長く集客する上でとても大切なところです。

地域1番店のポジションを長く維持する方法とは?

ナンバーワンになれそうな切り口は、探し始めたときは、何がうまくいくのかわからないことも多々ありますので、何かヒットするのか試し、地道に見つけていくしかありません。

そのうち、何か引っかかるものが見つかると思います。それを見つけたら、仕事時間や広告予算などを、その切り口にフォーカスしていきます。

そして次の段階としてやるべきことは、ナンバーワンのシェアを長期的に維持していくことを考えます。

それに必要なのが、「施術実績を目に見える形で増やすこと」になります。

具体的には、「患者様のアンケートを集めること」です。

アンケート集めは治療院・サロン経営者にとって非常に重要です。アンケートさえあれば、この声をホームページに掲載したり、店内の掲示したりと、第三者の声(お客様の声)を目に見える形で見せることができます。

治療院・サロンは毎年増え続けています。当然、あとからオープンした治療院・サロンも新規顧客獲得を目指しています。そのときにライバルにあなたの豊富な施術実績を見せることで、「ここにはかなわない」と思わせることができれば、あなたは、戦わずして勝ったことになります。

例えば、ホームページなどに実績が表示されていないと、「ここには勝てそうだ」と思われてしまい、同じ切り口でホームページを作られてしまい競合になってしまうでしょう。

エリア内でシェアナンバーワンの切り口を見つけられれば、集客は楽になっていきます。

そうなれば今度は、その地位を長く維持いく「お堀を作る」が必要です。

具体的に何をするかというと、症状が改善したお客様から感想を手書きいただく、写真を撮らせてもらう、また最近は動画も有効ですので、インタービュー形式で撮らせてもらうなどです。

地道な作業ですがここを頑張らないと、「頑張っている割にうまくいかない」ということが頻繁に起きるようになってしまうのです。

ぜひ、特定エリア、切り口でナンバーワンになれそうなところ、あなたの長所、得意分野を伸ばした治療院・サロンになっていただきたいと思います。

無料相談はこちら