前回の「新規顧客が増える!治療院とサロン専門売れるホームページの考え方」では、成約率の重要性についてお話しました。

今回は、どのように理想的なお客様にホームページをアクセスを増やしていくべきかについてお話ししたいと思います。

ホームページを徹底的に活用したアクセスアップ法とは?

治療院やサロンのホームページを制作し、いくらアクセスが増えても、申込みにつながらないアクセスでは意味がありません。

では、

  • どうしたら申込みにつながる質の高いアクセスを集めることができるのか?
  • 労力を少なく、効果的なアクセスを集めるにはどうすればいいか?

について解説していきたいと思います。

地道に積み上げ効果のあるSEO(検索エンジン最適化)対策

アクセスアップでまずしたいのが、検索エンジンでの上位表示です。いわゆる「SEO対策」というものです。

アクセスアップの王道のひとつですが、記事を増やしたりなど労力を必要とし、時間もかかりますが、ぜひ行って頂きたい作業です。

治療院やサロンの場合、お客様の多くが、「地域名+業種名」「地域名+症状名」で検索して、あなたのホームページを発見しますので、このキーワードで検索順位に来ている必要があります。

治療院やサロンでのSEO対策の目的は、あなたのエリア(地域)と、治療院やサロンに来て欲しいお客様が検索するキーワードで上位表示されていれば特に問題ありません。

  • 目標キーワードの決定
  • ホームページの最適化

治療院やサロンのホームページでは、まずこの2つの対策を意識しましょう。

目標キーワードは、多くの場合、先ほど記載した通り、「地域名+業種名」「地域名+症状名」になります。

SEOに関する施策は、結果が表れるまで時間がかかるので、地域一番店になるエリア、切り口選びが重要になってきます。

「府中 整体」「府中 腰痛」「府中 自律神経」など目標キーワードが決まったら、ホームページをそのキーワードで最適化していく作業が必要になります。

この部分はご自身で行うか、信頼できる業者さんに依頼するかどちらかになるかと思います。

最適化とは何かというと、トップページのタイトルをどのようにするのか、<h1>~<h5>タグ、キーワードの設定、メタディスクリプション(説明文)などに「目標キーワードを入れること」になります。

あなたのホームページが最適化されているかどうか、SEOチェキ!というサイトで確認することができます。

SEOチェキ結果

ある整骨院様をチェックしてみた結果です。是非、あなたのホームページも確認してみてください。目標キーワードが設定されていない場合には何らかの対応が必要ということになります。

SEOの内部対策については、既出の「SEO内部対策で抑えるべき7つのポイント」という記事も参考にしてみてください。

さて、目標キーワードが決まり、内部SEO対策も対応したとします。ここからがもっとも重要です。

それは表題の通り、「あなたのホームページが、検索ユーザー(お客様)にとってに有益かどうか」です。

例えば、あなたが慢性の肩こりで悩んでいる人だとし、あなたのホームページを見つけて、「慢性の肩こりを改善できると思ってもらえる」などの時間を掛けてまで読む内容になっているかどうかです。

Googleは相手の検索意図をくみ取ったページになっているか、読む人にとって有益かどうか判断しており、内容が薄いサイトだとの検索順位を下げてしまいます。Googleのアルゴリズム(100以上あると言われている)は、常にアップデートされており、これに対応することは容易ではありません。

但し、Googleはその記事の内容が読む人にとって有益かどうか判断していますので、これに沿って情報を発信していけば大きく順位下げることはないでしょう。

では、何を今後していけばよいのでしょうか?

目標キーワードを入れたタイトル(「地域名+症状名」)を意識し、ブログを書き、サイトのボリュームを増やしていく方法です。

どんな内容が良いかと言えば、症例のブログや関連キーワード(まずは症状で調べる)です。

関連キーワードについてですが、無料のツールで「ラッコキーワード」というものがオススメです。、以下は「腰痛」で検索した結果です。検索結果をもとに、ご自身が書ける内容であるか確認し、サイトのボリュームを増やすことを検討してみてください。

ラッコキーワード

こつこつとコンテンツが増えていけば、見ている訪問者にもメリットがあります。

また、目安となる文字数ですが、1000文字~2000文字とも言われています。Google自体は何文字がよいかは発表していません。文字数が多いのに越したことがありませんが、内容が陳腐だと意味がありせんし、文字数が少なくてもユーザーに役立つ情報であれば、500文字でも問題と思います。

ただ、文字数を意識して、投稿を継続できなければ、意味がありません。まずはどんどん投稿していくこと。

投稿していくことで、どんどん慣れてきます。慣れてきたら、以前に書いた記事を見直し、リライトすればよいだけの話ですので、まずは投稿することを心掛けてください。

そして、Youtube動画の活用も治療院・サロンのブランディングには効果があります。動画の内容としてお客様のインタビューや施術風景の動画をアップすることです。撮影はスマホでも十分です。動画の時間は5分程度でよいでしょう。ここでもタイトルには目標キーワードを入れることを忘れないでください。

無料相談はこちら

有料のPPC広告を利用する

治療院・サロンの集客で、次に考えられるのが、リスティング広告です。検索結果の上部か下部に表示されるもので、クリックされるたびに広告費が課金されるためPPC広告ともいわれています。

SEO対策は長期的な視点に立った対策ですが、PPC広告は、お金を出して上位表示を行うため、設定後すぐに上位表示を可能にします。

ただし、PPC広告には審査があり、そのルールを通過しないと広告を出すことはできません。審査基準は年々厳しくなっていますが、掲載概要の記載がありますので、ルールに基づき、広告文を調整して、掲載します。

主にGoogle広告を利用することになるかと思いますが、最低入札単価が設定されています。入札単価が低いとせっかく出した広告も表示されなくなります。少額(日の予算は 1,000~5,000 円程度をおすすめします)から始めることができるので、ご自身の予算に合ったキャンペーンを設定しましょう。

無料相談はこちら

無料で検索上位を目指せるMEO対策

いわゆる「Googleマイビジネス」というものです。無料ですので、是非積極的に活用することをオススメします。

こちらはSEO対策とPPC広告とは別なものです。皆様も見たことがあると思いますが、Googleで検索すると大きな地図が表示され、その中に店舗情報が表示され、検索結果の上部に地図入りで表示されます。広告と自然検索に表示され、目立つのでお客様にとって影響は小さいものでありません。

Googleマップに表示されるにはGoogleマイビジネスへの登録が最低条件となります。

Googleマイビジネス登録代行サービス

そして最低限、3つの対策を行ってください。

  • タイトルに「地名+業種名」を入れる

治療院・サロンの名前だけでなく、検索されるキーワードを入れるということです。

Googleマイビジネス
  • Googleマイビジネスの情報に主に写真を掲載する

登録すると住所や営業時間やサービス・商品、写真が掲載できます。Googleマイビジネスは画像が重要だともいわれています。店内の風景、施術風景、外観、院長の笑顔、お客様の笑顔などを掲載しましょう。またブログ記事とのリンクも可能です。

情報量を増やせば、検索結果に上位表示される傾向がありますので、まだ登録していないなどいましたら、ぜひ登録し、活用しましょう。

  • レビューを増やす

★の数が多い(評価が高い)に越したことはないですが、口コミの数が大切です。1つでもレビューを増やすようにしましょう。

と言っても、なかなかレビュー掲載してくれる人はいないかもしれません。その場合には、レビューに協力頂けるようA4の紙一枚でも良いので、登録手順などを渡すのも一つの方法です。

また、レビューに対する回答も重要です。高い評価してくれた人には、お礼の言葉を述べるとことも大切です。しかしすべての人が高い評価をしてくれることは限りません。評価が悪ければ真摯に受け取り、今後の改善するなどの旨を伝えることも重要です。

無料相談はこちら

まとめ

治療院・サロンのホームページにアクセスを集める方法として、SEO対策、PPC広告、MEO対策の3つを挙げました。

他にも第三者機関の口コミサイトである「エキテン」の活用やSNS(Facebookページ、Instagram)の活用もあります。

やる前からあれこれ考えても意味がありません。ぜひ出来ることから、まずは始めてみてください。もしお悩みがありましたら、是非無料相談をご活用ください。

無料相談はこちら