アメブロが商用利用解禁となりました。アメブロ利用ユーザーはほっとひと安心と思ったかも知れませんね。

でも本当に安心、大丈夫なんでしょうか?

アメブロとCMSを代表であるワードプレスを比較し、私の考えをお話したいと思います。

少しでも皆さんのお役になれば幸いです。

アメブロの商用利用解禁でひと安心!?

整体、整骨院、リザクレーションサロン、スピリチュアル関係の方でアメブロを利用し、
集客を行っていたけど、突然アカウントが凍結されてしまった。

せっかく今までブログ育ててきたのに、他の人は凍結されていないのに、何故私だけ。。。
そんな思いになったことがあったことと思います。

有名人はアカウント凍結されない、無名だからアカウント凍結される。。。
別にそんな線引きはありません。有名人でも凍結された事例もあります。
そう、今までアメブロは商用利用が禁止だったのです。

しかし今回アメブロが2018年12月25日のガイドライン変更により、
商用利用が可能になり、今まで曖昧であった商用利用に
関するガイドラインが設定されます。

いつもAmebaをご利用いただきありがとうございます。
本日は、Ameba利用規約の一部改定についてお知らせいたします。

2018年12月25日付けでAmeba利用規約を一部改訂いたします。

■改訂する利用規約
・Ameba利用規約
第13条4の(4)
■改訂内容
(4) の②③を削除いたします。

なお、商用でのご利用に関して、別途「ご利用例」や「禁止している投稿内容・行為の一例」を
まとめた【アメーバブログ商用利用ガイドライン】を新設いたします。

これだけだと詳細は発表されてからなんとも言えない部分もあります。

しかし当然のことですが、コピペの文章や正しいのかよくわからない情報。
そして自分本位の文章などの横行しているブログを良しとするはずもありません。

アメブロ運営側の木村さんは、
サイバーエージェントSEOラボ研究室長兼メディア本部AmebaカンパニーSEO戦略室長。

そうSEO(検索エンジン最適化)の専門家なのです。

過去アメブロで書いたブログがGoogleで上位表示されることがありましたが、今は違います。

色んな方が利用し、品質が低い文章・内容が横行していれば、
アメブロ自体がGoogleから評価されないでしょう。

そもそもコピペの文章はGoogleのペナルティーの対象です。

また正しいのかよくわからない、自分本位の文章などは、
検索ユーザーの意図に沿り、検索ユーザーに役立つ情報を提供する点においては
SEOの評価の対象になりえないでしょう。

木村さんのTwitterにも以下のように書かれています。

「商用利用される方のためにも既存のブロガー様のためにも、
当然ですがSEOスパムには今以上に厳しい対応をさせていただきます。」

そもそもビジネスで利用するのですから、
当然検索ユーザーの意図に沿り、
検索ユーザーに役立つ情報を提供することを念頭におき
ブログを書いていくのが本筋です。

アメブロのままよいのか?それともワードプレス?

ではこのままアメブロを使い続けてよいのでしょうか。

これに対する私の考えは、『ワードプレスを軸として、アメブロを併用する』ということになります。

その理由は以下の通りです。

①コピペの文章などが横行している現状、アメブロ運営側が、
これらの文章が削除し、さらにそのようなアカウント自体凍結するかなど
実施するか不明な部分があり、現状のままでは、Googleからの検索では
上位表示を期待できないと思われます。

ただ、アメブロで集客・売上が上がっている場合には今現時点はよいと思いますが、
②のことを考えると併用することが望ましいと思います。

併用する場合には、ワードプレスをメインに記事を書き、
その内容の一部をアメブロに記載し、「続きはこちら」のような形で、
ワードプレス側の記事にリンクを飛ばす方法をとるとよいでしょう。

②そして、2つ目として、アメブロのサービスがいつままで続くのかです。
今はまだないと思いますが、アメブロ自体がサービスを停止してしまった場合、
今まで一生懸命書き続けたブログ自体が無くなってしまうということになります。

ワードプレスであれば、ドメインを取得、レンタルサーバーを利用し
自分でブログ・ホームページ作っていくことになりますので、サービスが停止される
心配はありません。

例え、今現在利用しているレンタルサーバーの会社がサービスを停止するとなったとしても
他の会社が提供しているレンタルサーバーに乗り換えればよいのですから。

今回のアメブロとワードプレスについてのお話は以上になります。